コンピューターが得意分野です。

勤怠管理は、給与に直接継っているものなので、担当者は神経を使います。
コンピューターでの管理が便利だし、ミスを防ぐにも有効手段になることがあります。
その利用は、会社の環境や事情によって違うので、利用には細かい調査も必要です。
勤怠管理のコンピューターは、社外勤務者の多い会社では、外出先から携帯電話やスマートフォンで、検索や入力ができるものが便利です。
営業報告や申請、報告のために帰社する時間を省くことにもなります。
支店や出先機関が多い会社では、一括管理が必要になります。
労働時間の管理が必要な場合には、残業時間の管理が随時にできるので、調整をするのには有効な方法があります。
それはまた、健康管理にもつながることなので、大いに利用する価値が大です。
社員が欠勤することが減れば、労働管理だけでなく就労計画もスムースになり、業績アップには必要充分条件でもあります。
タイムカードからの集計の場合は、複雑になり集計ミスも発生する原因にもなるので、それは避けたいものです。

紙やタイムレコーダーよ、さようなら

以前に、タイムレコーダー式の勤怠管理をしている所で、アルバイトをしたことがあります。
出勤時と退勤時に打刻するのですが、シフトの様々な人が出入りしているので、うっかりしていると、自分は出勤してきたばかりなのに、退勤の所に打刻してしまったり、その逆もしかり、でした。
何度も間違えて打刻して、時間が真っ黒になって見えなくなってしまい、この出勤記録を集計する人は大変だろうなぁ、と思ったものです。
また他の企業で働いていた時は紙の出勤記録用紙でした。
これは手書きなので見た目にはいいのですが、ズルをしようと思えばいくらでも改ざんできてしまうので、正確さには欠ける要素があrました。
こんな勤怠管理を見てきて、近ごろ驚いたのが、インターネットを利用した勤怠管理をしている企業がある、という事でした。
凄く画期的!出社したらPCに出勤時間を登録。
これは端末につけた機器に、専用カードや定期券をかざすだけで打刻される、というものもあります。
またインターネットでお休み申請もできるので、家からでも休暇申請ができるという、何とも便利なシステムなのです!凄い進化!勤怠管理、すごいです。