システムの活用

私は以前、IT関連会社に勤めていたとき、勤怠管理システムを作っていました。
タイムカードをWEB化し、携帯からも勤怠の入力ができ、そのため複数支店がある会社や、営業で外回りが多い社員がいる会社、また派遣会社などの人事部では、かなり気に入っていただけました。
人事部の方とシステム作成で話をしていると、スタッフに手書きをして勤怠管理をしているの場合、人それぞれの記入をするため、1000人以上の勤怠管理をする場合、勤怠を末日締めてから2日で計算を確認するそうです。
有給休暇や半日休暇の消化管理や、フレックスの使い方等、かなりややこしく、独自のシステムにしていくのに、ずいぶん時間がかかりましたが、そのおかげでかなり人事部の方の勤怠計算の時間が短縮され、今ではそのシステムがないとぞっとすると言って、気に入っていただいてます。
経費削減のためにも、人材が多く、スタッフそれぞれの契約形態が異なる場合、勤怠管理にはシステム導入はとてもおすすめです。
勤怠管理を導入すれば、給与計算が楽になります。
勤務時間がデーター化されてるので思わぬミスがなくなります。本当に使いやすいんです。

結構大変

仕事をするにもとても沢山の業務があります。
身体を動かすものから、頭を使うものまで様々です。
そんな仕事の一つに勤怠管理があります。
勤怠管理とは、従業員一人ひとりの勤務日数や時間を管理しなくてはいけない業務。
残業が多くなっていないかや、勤務時間の管理。
有給取得の有無などなど。
一人の従業員に対してチェックすべき点が多いのです。
それが勤務している全従業員分のチェックとなるととっても時間と労力を使います。
そんな時に、便利なのがパソコンなどで管理する事が出来る勤怠管理システムです。
従業員の働いているデータ全てを、パソコンで管理する事によって、とっても簡単にデータを確認したり、チェックしたりする事ができます。
毎月閉め日間近になると、時間に追われるように仕事をしていましたが、勤怠管理システムを導入する事によって、時間だけでなく気持ちにまで余裕をもてるようになりました。
このようなシステムを導入していない会社には是非お勧めしたいです。