食品の在庫管理は賞味期限の管理を行う

経理的に在庫管理を行うときにはモノの流れで行うことがあります。先入先出、後入先出と呼ばれる方法があります。これは経理的なものなので実際にそうしているかどうかは関係ありません。経理上最も有利な方法を事前に選んでそれで計算をしていきます。腐ったりしない場合は良いですが食品の場合はあまり長く置いていると腐ります。また味が落ちてしまうことがあります。在庫管理を行うときにはそのあたりもきちんと管理しておく必要があります。消費未期限、消費期限の管理が必要になってきます。先入先出の考え方なら古いものからどんどん使いますから具合が良いでしょう。一方後入先出は実際の物の流れでは現実的とは言えません。管理をするときにはケースごとなどで管理をしていきます。賞味期限が同じものを同じように管理して行かないとばらばらに管理することになります。


食品の在庫管理は期限内で販売できるか

商品を仕入れるときは商品の在庫が足りなくなったときです。在庫はあれば販売機会を失わずに済みます。しかしそれが売れ残るとどんどん価値を失います。結局それが損失になります。企業としてはできるだけ在庫は持ちたくないとされます。食品の在庫管理は特に厳しく行う必要があります。食品は腐敗しやすく賞味期限、消費期限が短く設定されることがあるからです。売りたいからと大量に仕入れたとしてもそれが消費期限以内に売れなければ売れない分はすべて損失に変わります。まずは期限内で販売できる在庫を持つことを考えます。それに加えて販売機会を失わない量を計算して在庫を保有するようにします。季節的な要因などがあるので常に同じ条件になるとは限りません。夏は良く売れるけども冬にあまり売れないなら在庫は少なめにしないといけません。良く売れるときは多めにします。


食品の在庫管理は慎重に行う

食品の在庫管理は、今の時代、コンピューターで簡単に行われています。だからといって手抜きはできません。中には賞味期限があったり、ナマモノだったりすることもあるからです。ちょっとでも廃棄が遅れてしまうことで、周囲に迷惑をかけてしまう場合もあります。また、衛生上の問題もあります。だからこそ、食品の在庫管理は徹底しなくてはなりません。一般的には、大きなセンターで管理することになります。そこから様々な店舗に配送されます。主に冷凍で届けられるようになっているため、衛生上は問題ありません。ただし、冷凍されていても万全というわけではないので、配送の段階でもいろいろと注意が必要です。倉庫に冷凍保存されていることが多くなっています。そこで、倉庫からの出し入れ時に食品の在庫管理、いわゆるチェックを行うことが主流です。